胃がんの初期症状である不快感や違和感

胃がんは初期にはほとんど症状がないと言われています。

しかし、胃がんになった人に聞くと、ごく小さな変化には気付いていることが多いようです。どんなものがあるのでしょうか?


最初に気づくのは胃から胸にかけての不快感です。

食べ過ぎでもないのになんとなく胃に食べ物が入っているような感じがしたり、ときには朝起きてすぐなのになんとなく食後のような感覚があったりします。

他にも、お腹が減ってグーグー言っているのに、同時になにかそのすきっ腹の感じが今までとは違う感じになったりします。


食欲の変化も特徴の一つです。

続きを読む


posted by 胃がんの症状 at 11:05 | 初期症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。